孫子兵法 虚実篇(活用と教養のためのヒント)+曹操注

こちらは孫子兵法「虚実篇」の訳文および解説文です。まとめ・雑学・解釈の出典がわかる補足つきです。

※関連:いますぐ全訳をまとめてチェックしたい方はこちら「孫子全訳」

※関連:太平御覧の孫子シリーズ

※関連:孫子の作者の孫武の伝記

※関連:孫子兵法の使い方と魅力

※関連:十一家注孫子(十家注孫子)注釈者11名の人物紹介

ラベルの説明を見る
参考書籍

孫子兵法 虚實編(巻中)

虚實篇ではおもに有利な立ち回り方や、充実のかたちで空虚な敵に当たることの大切さについて語られます。宋本十一家注孫子では勢篇・虚実篇・軍争篇・九変篇・行軍篇までの5篇が中巻に分類されています。

人を致して人に致されず

孫子曰、凡先處戰地而待敵者佚、後處戰地而趨戰者勞。故善戰者、致人而不致於人。能使敵人自至者、利之也。能使敵人不得至者、害之也。故敵佚能勞之、飽能饑之、安能動之

孫子曰く、およそ先に戦地に処りて敵を待つ者は佚し(イツ、楽、佚楽)、後に戦地に処りて戦に趨く(おもむく)者は労す(疲労)。故に善く戦う者は、人を致して人に致されず。よく敵人をして自ら至ら使むる者は(敵を自分のもとに来させるのは)、これを利するればなり(そこに利があると思わせる)。よく敵人をして至るを得ざらしむる者は(敵をこちらに来させないのは)、これを害すればなり(そこに害があると思わせる)。故に敵が佚すればよくこれを労し、飽けば(あきる、抱腹、飽和)よくこれを饑し(飢、飢餓、飢渇)、安(安静、安堵、安直)なればよくこれを動かす(誘う、利用する)。

 要約 【まとめ】敵の動きを欲しいままにするには、主導権を握って敵にその行動が必要なこと・自然なことであると思わせるものです。

 活用 【活用ヒント】相手の行動をコントロールする方法その1は、行動に至るための理由を相手に植えつけることです。

 教養 ※虚実編=篇名は「宋本十一家注孫子」では虚實篇、「武経七書」系の孫子では虚實第六、銀雀山漢墓の竹簡孫子では實虚と文字配列が後年の孫子兵法とは逆になっています。「武経七書」系ではこの虚実篇から中巻のはじまりとなります。

※先に戦地に処りて敵を待つ者は佚し=力に有余があるさまを指す(曹操・李筌の注)。態勢を整えて敵が来るのを待ち受ければ、すなわち兵士と軍馬は閑逸(かんいつ。ひまで楽ちん)であり、しかして力に有余がある(張預の注)。労と佚(逸)は労倦(ろうけん。つかれ)と安逸(あんいつ。安静、安楽)などのように、よく対の意味で用いられる言葉です。

※後に戦地に処りて戦に趣く者は労す=力が不足しているさまを指す(李筌の注)。あいての地にこちらが出向けば、すなわち兵士と軍馬は労倦(疲労、つかれ)であり、しかして力が不足する。あるいは敵陣が整ったところに後から行き、こちらが労するさまを指す(張預の注)。労倦という言葉は東洋医学の古典《黄帝内経・素問》などでも使われています。

微かな微かな無形に至り、神かな神かな無聲に至る

無形の解説画像

加えて相手はこちらの情報を掴もうとするので、エサで釣りやすくなる

出其所不趨、趨其所不意。行千里而不勞者、行於無人之地也。攻而必取者、攻其所不守也。守而必固者、守其所不攻也。故善攻者、敵不知其所守、善守者、敵不知其所攻。微乎微乎、至於無形。神乎神乎、至於無聲、故能爲敵之司命。

その趨かざる(補足参照)所に出て、その意わざる(思わざる)所に趨く。千里を行きて労せざるは、無人の地を行けばなり。攻めて必ず取るは、その守らざる所を攻むればなり。守りて必ず固きは、その攻めざる所を守ればなり。故によく攻める者には、敵はその守る所を知らず(守りどころがわからない)、よく守る者には、敵はその攻める所を知らず(攻めどころがわからない)。微かな微かな(微妙微妙)、無形に至り、神かな神かな(神妙神妙)、無聲(無声)に至る、故によく敵の司命(命運をコントロール)を為す。

 要約 【まとめ】良き将の行動は、敵に攻めどころ守りどころを読ませないものです。極めつけは敵に判断材料をあたえません。

 活用 【活用ヒント】相手の行動をコントロールする方法その2は、相手に判断材料を与えないことです。(そしてその1のエサをチラつかせて行動をコントロールします)

 教養 ※出其所不趨=銀雀山漢墓の《竹簡孫子》では実虚篇でなく勢篇終盤に「出於所□□□行千里~」とあります。□三字分スペースは欠損箇所で趨其所不意の句は無し。《御覧》巻270と巻306では「必趨」。仙台藩の儒学者・櫻田景迪の《古文孫子》では「必趨」。清の孫星衍いわく「不趨は誤り、《御覧》の必趨がよい」。必趨説ほか多数。つまり「趨かざる」ではなく「必ず趨く」と読むのが本来の意味の解釈としては有力です。不趨読みも必趨読みも、理によって動き主導権を握るという意図としては同じものになります。

※司命=しめい。生殺の命運の権限を握る者。詳細は既出の作戦篇補足4節目を参照ください。

進みて禦ぐべからざるは、其の虚を衝けばなり

進而不可禦者、衝其虚也、退而不可追者、速而不可及也。故我欲戰、敵雖高壘深溝、不得不與我戰者、攻其所必救也。我不欲戰、畫地而守之、敵不得與我戰者、乖其所之也。

進みて禦ぐ(ふせぐ、防御、制御)べからざる者は、その虚を衝けばなり。退きて追うべからざる者は、速やかにして及ぶべからざればなり(速くて追いつけないから)。故に我れ戦わんと欲すれば、敵の壘高く(塁高く、とりで高く)溝深き(堀が深い、壕が深い)といえども、我れと戦わざるを得ざる者は、その必ず救うところ(急所)を攻むればなり。我れが戦いを欲せざれば、地に畫く(かく、画く、区別する、境界線をひく)してこれを守るも、敵が我と戦うことを得ざる者は、その之く(ゆく、行く、至る)所を乖けばなり(そむく、乖離、はなす)。

 要約 【まとめ】虚をつけば敵は防げず、速やかに退けば敵は追えず、急所を攻めれば敵は戦わざるを得ず、進路を逸らせば敵はこちらと戦えず。

 活用 【活用ヒント】主導権を握れば攻めるも守るも自由自在。

 教養 ※畫地而守之=入り組んだ備えをしないさま(曹操の注)。《天一遁甲・遁甲演義巻四・真人閉六戊法》の法(奇門遁甲という占術。補足:李筌は奇門遁甲を研究していた)を用いて、刀で地に画し(境界線を引き)営を為して守ること(李筌の注)。物理的にただ地面に境界線をひいて守るさまを指し、安易なることの例えを示す(孟氏の注)。

十を以て其の一を攻める

故形人而我無形、則我專而敵分。我專爲一、敵分爲十、是以十攻其一也。則我衆而敵寡、能以衆撃寡者、則吾之所與戰者、約矣。吾所與戰之地不可知、不可知、則敵所備者多。敵所備者多、則吾所與戰者、寡矣。故備前則後寡、備後則前寡、備左則右寡、備右則左寡。無所不備、則無所不寡。寡者、備人者也、衆者、使人備己者也。故知戰之地、知戰之日、則可千里而會戰。不知戰地、不知戰日、則左不能救右、右不能救左、前不能救後、後不能救前、而況遠者數十里、近者數里乎。以吾度之、越人之兵雖多、亦奚益於勝哉。故曰、勝可爲也。敵雖衆、可使無闘。

故に人を形せしめて(他人の形をあきらかにさせて)我に形無ければ(自分の形を見せなければ敵はこちらを探さなくてはならないので)、すなわち我に専りて(あつまり、専集)敵は分かる(分散)。我は専りて一となれば、敵は分かれて十となり、これ十を以てその一を攻めれば(こちらの集中した力10で分散した敵1を各個撃破できる)、すなわち我は衆(多い)にして敵は寡し(少なくする)、よく衆を以て寡を撃てば、すなわち吾れと與(与、ともに)に戰う所の者は、約(集約)なり。吾れと與に戦う所の地は知るべからず、知るべからざれば、すなわち(方々に注力しなくてはならないので)敵の備うる所の者多し。敵の備うる所の者多ければ、すなわち(敵の個々の配置は薄まっているので)吾れと與に戦う所の者は、寡し(少なし)。

故に前に備うれば後ろに寡し、後ろに備うれば前に寡し、左に備うれば右に寡し、右に備うれば左に寡し。備えざるところ無ければ、すなわち寡せざるところ無し。寡は、人に備うる者(分散して色んなところに注力するから)なればなり、衆(多い)は、人をして己に備えしむる者なればなり。故に戰いの地を知り、戰いの日を知れば、すなわち千里にして会戦すべし。戰いの地を知らず、戰いの日を知らざれば、すなわち左は右を救うあたわず、右は左を救うあたわず、前は後を救うあたわず、後は前を救うあたわず。而るを況や遠きものは数十里、近きもの数里なるをや。

吾れこれを度る(はかる)に、越人(えつひと、越国の人)の兵多しといえども、また奚ぞ(なんぞ、疑問文・反語の助詞)勝ちに益せんや。故に曰く、勝は爲すべしと(勝利は行うもの)。敵は衆し(多し)といえども、闘い無からしむべし(戦えないように仕向けられる)。

 要約 【まとめ】敵は散らせて味方は集まり各個撃破のかたちにすれば敵が多くても戦うことができます。

 活用 【活用ヒント】力を分散させて薄まったところを集中して崩す。

 教養 ※故形人而我無形、則我專而敵分。=我はひとつにあつまりて敵は分散させる(杜佑の注)。他人は形ありて我の形は見せず、ゆえに敵は分散して我に備える(梅堯臣の注)。敵を視て動くのが人を形せしめるもの、のらりくらりと敵にこちらを測らせないのが無形、敵の形をみて、我は合衆してこれに臨み、我の形に影なくば、あいては必ず分かれて防備する(張預の注)。

※越=越国(首都:会稽)のこと。越人とは越国の人のこと。越は孫子の作者である孫武が仕えた呉国の南に位置し、因縁深い呉のライバル国です。最終的には春秋時代の呉(呉王夫差の代)は越(越王勾践の代)に敗れて滅亡しました。滅亡時に孫子が存命であったかどうかは不明です。関連:孫子本伝と孫子異伝(呉越春秋抜粋)

※勝は爲すべし=竹簡孫子では「勝可擅」。擅はセン、ほしいままという意味で「勝ちはほしいままにすべし」というニュアンスになっています。おおまかな意味は同じですが、竹簡孫子の方がより力強い表現になっています。

兵形の極は無形に至る

故策之而知得失之計、作之而知動静之理、形之而知死生之地、角之而知有餘不足之處。故形兵之極、至於無形。無形、則深間不能窺、智者不能謀。因形而錯勝於衆、衆不能知。人皆知我所以勝之形、而莫知吾所以制勝之形。故其戰勝不復、而應形於無窮。

故にこれを策りて(はかりて)得失の計を知り、これを作して(おこして)動静の理を知り、これを形して(あらわして)死生の地を知り、これに角れて(触れてはかる、触角)有餘(有余、あまりある)不足の處(処、ところ)を知る。故に兵を形すの極は(究極の軍形)、無形に至る。無形なれば、すなわち深間も窺うことあたわず(スパイが情報を掴めない)、智者も謀ることあたわず。形に因りて勝を衆に錯くも(勝利が大衆に知り置かれることになるが)、衆は知ることあたわず(大衆は勝ちの結果だけを知り、仕組みは理解できない)。人は皆わが勝の所以の形のを知るも(勝ち形は知っても)、しかして吾れの勝の制する所以の形を知ることは無し(どう運用したかは知られない)。故にその戰勝は復さず(勝ち形だけで判断しくりかえさず)、しかして形に無窮に応ず(情況に際限なく対応していく必要がある)。

 要約 【まとめ】究極の軍形は無形です。無形のようにして隙を生じなければ敵は謀ることができません。また、勝利パターンは重要ではなく、それをどの様に運用する・されたかを考える事が大切なのです。

 活用 【活用ヒント】究極の形は無形です。その成功パターンの表層は見えても内容までを理解することは難しいものです。

 教養 ※角=角(触)は量なり(曹操の注)。角(触れて)で敵人と我の有餘と不足を量る(杜佑の注)。

※深間=敵深く潜入した間諜、スパイ、工作員、諜報員、エージェント。

※因形而錯勝於衆、衆不能知。=錯は置なり(李筌の注)。我の勝ちを衆知に置かれても、敵に因りて之に形したことを知らず(梅堯臣の注)。

兵形は水に象れ。実を避けて虚を撃つ

夫兵形象水、水之形、避高而趨下、兵之形、避實而撃虚。水因地而制流、兵因敵而制勝。故兵無常勢、水無常形。能因敵變化而取勝者、謂之神。故五行無常勝、四時無常位、日有短長、月有死生。

それ兵の形は水に象れ(かたちどられ、象形)、水の形、高きを避けて下き(低き)に趨き(おもむき)、兵の形は、實(実、充実)を避けて虚を撃つ。水は地に因りて流を制し、兵は敵に因りて勝を制す。故に兵に常勢無く、水に常形無し。よく敵の変化に因りて勝ちを取る者、これを神と謂う。ゆえに五行に常勝無く、四時に常位無く、日に短長あり、月に死生(月の満ち欠け)あり。

 要約 【まとめ】軍は水のように相手の情勢にあわせて常に対応させるべきものです。

 活用 【活用ヒント】常に情勢に対応しましょう。

 教養 ※兵に常勢無く水に常形無し=竹簡孫子では「兵无成埶无恒刑(兵無成勢、無恒形)」兵に成勢無く、恒形無し。兵には完成した勢は無く、恒常の形もないのです。という意味になります。

※五行に常勝無く=「杜佑曰、五行謂金木水火土、五行更王」《通典・巻161》五行更王とは五行は王(支配・統べる存在)が入れ代わるという意味になります。五行は五行思想の木・火・土・金・水をさしていて、それぞれが勝ちあう関係(五行相克)または生かしあう関係(五行相生)で独り勝ちするものが無いという様相を指しています。つまり以下の3句も含めて情況によってものごとは変化しているということの例え話しだととらえる事ができます。

※四時=「杜佑曰、四時謂春夏秋冬、四時迭用」《通典・巻161》四時迭用とは四時の用(はたらき)は迭(テツ、いれかわる)であるという意味になります。つまり四時とは四季あるいは四季の移り変わりを指します。

※日月=日月というものは周天365.4度のうちのひととき。春秋の日照は日夜均しく、夏至は6:4、冬至は4:6で不均なり。月初は朔(朔月、新月)で、8日は上弦、15日は望(望月、満月)、24日は下弦、30日は晦(晦月、みそか、つごもり、つきこもり、虚月)というように変化する。五行、四時、日月の盈縮(変化の意。詳細は下記:曹操注の補足参照)に常はなく、兵の形の変化についても安常の定めなど無いということである(李筌の注)。

曹操注(魏武注)本文と訳

虚實篇
※曹操曰、能虚實彼己也。

曹操曰く、彼と己(相手と自分)の虚實の能(はたらき、効能)である。

孫子曰、凡先處戰地而待敵者佚、
※曹操、李筌並曰、力有餘也。

曹操、李筌並びて曰く、餘(余、余裕)有るは力なり。

能使敵人不得至者、害之也。
※曹操曰、出其所必趨、攻其所必救。

曹操曰く、その必ずおもむく所に出て、その必ず救う所を攻める。

故敵佚能勞之、
※曹操曰、以事煩之。

曹操曰く、事(この方法)をもってこれを煩す(なやます、わずらわす)。

飽能饑之、
※曹操曰、絶糧道以饑之。

曹操曰く、糧道を絶つを以てこれを饑す(餓えさせる、飢餓)。

安能動之、
※曹操曰、攻其所必愛、出其所必趨、則使敵不得不相救也。

曹操曰く、その必ず愛す所を攻めて、その必ずおもむく所に出るとは、すなわち敵を相い救わざるを得ない(救わずにはいられない)ようにさせるのである。

出其所不趨、趨其所不意。
※曹操曰、使敵不得相往而救之也。

曹操曰く、敵は相い往き而してこれを救わざるを得ざらしむ(敵が救援に向かうしかないように仕向ける)ものである。

行千里而不勞者、行於無人之地也。
※曹操曰、出空撃虚、避其所守、撃其不意。

曹操曰く、空(空白)に出て虚を撃つ、その守るところを避け、その不意を撃つ。

故善攻者、敵不知其所守、善守者、敵不知其所攻。
※曹操曰、情不泄也。

曹操曰く、情(情報、情勢)を泄(もれる、もらす、泄漏)しないことである。

進而不可禦者、衝其虚也、退而不可追者、速而不可及也。
※曹操曰、卒往進攻其虚懈。退又疾也。

曹操曰く、その虚懈(きょかい。怠りがあり隙があるところ)に卒(兵)を往かせ進攻させる。また疾して退くもの(そして素早く退くもの)である。

故我欲戰、敵雖高壘深溝、不得不與我戰者、攻其所必救也。
※曹操、李筌曰、絶其糧道、守其歸路、攻其君主也。

曹操、李筌曰く、その糧道を絶ち、その帰路を守り、その君主を攻めるものである。

 教養 ※歸=帰。

我不欲戰、畫地而守之、
※曹操曰、軍不欲煩也。

曹操曰く、軍が煩を欲さないから(敵軍が面倒ごとを避けているから)である。

敵不得與我戰者、乖其所之也。
※曹操曰、乖、戻也。

曹操曰く、乖(カイ。はなす、そむかせる)とは、(敵軍を)戻すことである。

敵所備者多、則吾所與戰者、寡矣。
※曹操曰、形藏敵疑、則分離其衆備我也、言少而易撃也。

曹操曰く、形の藏(無形である味方のなかみ、内情)を敵が疑えば、すなわちその衆(敵の大軍)が我に備えて(各所に手広く)分離する、つまり(個々が)少なければ撃ち易いということである。

寡者、備人者也、衆者、使人備己者也。
※曹操曰、以度量知空虚會戰之日。

曹操曰く、度量(地形と兵数の把握)をもって(敵の)空虚を知れば、それが会戦の日である。

以吾度之、越人之兵雖多、亦奚益於勝哉。
※曹操曰、越人相聚、紛然無知也。或曰、呉越讎國也。

曹操曰く、越人が相い聚る(シュウ。あつまり、聚合、聚集)も、紛然(ふんぜん。入りまじって乱れているさま)にして無知であることをさす。あるいは曰く、呉と越は国讎(シュウ。かたき、国讐、仇讐)である。

 教養 ※讎=シュウ。讐の異体字。かたき。

角之而知有餘不足之處。
※曹操曰、角、量也。

曹操曰く、角は量(触れて量る)である。

因形而錯勝於衆、衆不能知。
※曹操曰、因敵形而立勝。

曹操曰く、敵の形に因りて勝が立つ(1:敵の負け形によって勝ちがしれわたる。2:敵の形に応じて勝を立案するものだ。)

人皆知我所以勝之形、而莫知吾所以制勝之形。
※曹操曰、不以一形之勝萬形。或曰、不備知也。制勝者、人皆知吾所以勝、莫知吾因敵形制勝也。

曹操曰く、ひとつの勝ち形をもって萬形とせず(1パターンを安易に使いまわすことはしない)。あるいは曰く、備を知らず。勝を制するものは、人は皆な吾れの勝ちの所以のみを知り(勝った形だけを知り)、吾れの敵形に因りて勝ちを制するを知ること莫きなり(わたしが敵形にどう対応したかを知ることは無い)。

故其戰勝不復、而應形於無窮。
※曹操曰、不重復動而應之也。

曹操曰く、重ねて復し(くりかえし、ワンパターンに)動かずしてこれに応じるのである。

 教養 ※應=応。

能因敵變化而取勝者、謂之神。
※曹操曰、勢盛必衰、形露必敗、故能因敵變化、取勝若神。

曹操曰く、勢が盛なれば必ず衰え、形を露(あらわ・露見)にすれば必ず敗れる、ゆえによく敵の変化に因りて、勝ちを取るは神のごとし。(良い状態を維持するのは難しく、良い形を維持しても敵に露見すれば容易く敗れる。その難しさの上で臨機応変に上手に立ち回るというのは、まさに神業のようなものである)

日有短長、月有死生。
※曹操曰、兵無常勢、盈縮隨敵。

曹操曰く、兵に常勢無しとは、盈縮(満たすことと縮まること。変移や変遷の意味。)を敵に隨うことである。(敵に対応して行動を決めることである)

 教養 ※盈縮=えいしゅく。器にものが広々と満ちるさまと縮小していくさま。盛衰や進退のような移り変わりの変化をあらわすのような言葉です。この盈縮という熟語は「進退、盈縮、變化、聖人之常道也。」《戦国策》や「盈縮之期、不但在天。」曹操作の四言詩、漢詩《步出夏門行・亀雖寿》などでも使われています。