黄石公三略・下略の現代語訳(+解釈の注釈)

太公望

こちらは《三略》下略の原文と訳文(現代語訳)です。備忘を兼ね、ポイントとなる箇所に解釈典拠の脚注を付しています。

関連 《三略》上略

関連 《三略》中略

関連 《三略》下略

《三略》という書は、伝説・伝承としては太公望の思想を受けた黄石公の著書で、張良に授けられた書とされますが、考証としてはその真実性は薄いと考えられ「黄石公の書」という設定のうえに作られた別人の書であると考えるのが通例です。

内容としては、儒家・道家・法家・陰陽・縦横などの思想がほどよく盛り込まれた書でありまして、癖のないバランスの良い味わいが魅力です。この特徴は《素書》とも共通しています。

関連 三略の由来について:劉寅《三畧直解》巻上より

関連 《素書》現代語訳

凡例

  • 原文
    原文
  • 書き下し
    書き下し
  • 現代語訳
    現代語訳
  • ひとくちヒント
    ヒント
  • 語句解説
    語句
    注釈内容
  • ※ 便宜上、文脈ごとに番号をつけて分けています。また、その句のキーワードとなる書き下しを、その文脈の見出しにしています。

    ※ 原文には解釈典拠・参考書籍を示す脚注がつきます。脚注はポイントとなる箇所のみに限定しています。

    ※ ここでの原文とは、白文に句読点がついたものも含めて指しています。

三略・下略

下略01:澤、昆蟲に及べば、則ち聖人これに歸す

  • 原文
    夫能扶天下之危者、則據天下之安。能除天下之憂者、則享天下之樂。能救天下之禍者、則獲天下之福。故澤注1:明・劉寅《三略直解》故德澤及於人民則賢人來歸之德澤及於昆蟲則聖人來歸之。及于民、則賢人歸之。澤及昆蟲、則聖人歸之。賢人所歸、則其國強。聖人所歸、則六合同。求賢以德、致聖以道。賢去則國微、聖去則國乖。微者危之階、乖者亡之徵。
  • 書き下し
    夫れ能く天下の危を扶(たす)くる者、則ち天下の安に據る。能く天下の憂を除く者、則ち天下の樂を享く。能く天下の禍を救う者、則ち天下の福を獲る。故に澤民に及べば、則ち賢人これに歸す。澤昆蟲に及べば、則ち聖人これに歸す。賢人の歸す所、則ち其の國強し。聖人の歸する所、則ち六合同じ。賢を以て德を求むるに、聖を致すに道を以てす。賢去れば則ち國微し、聖去れば則ち國乖なり。微は危の階にして、乖は亡の徵なり。
  • 現代語訳
  • よく天下の危機を助ける者は、天下を安定に導く者です。よく天下の憂いを除く者は、天下の楽しみを享受する者です。よく天下の災いを救う者は、天下の幸福を得る者です。

    恩沢が民にまで広まれば、自ずと賢人もやって来ます。恩沢が虫にまで広まれば、自ずと聖人もやって来ます。賢人が来た国は強力です。聖人が来た国は万事まとまります。賢人を迎えるのには徳が必要で、聖人を迎えるには道に則した振る舞いが必要です。賢人が去った国は力が衰微し、聖人が去った国は民が乖離し乱れます。

    力の衰微は危機の前触れで、民の乖離は滅亡の予兆です。

  • ひとくちヒント
    人材を招き入れる環境づくりは、国内を安定させるのと同義
  • 語句解説
    たく。ここでは徳が潤っている様、恩沢と解釈します。/脚注1参照。|《説文解字》澤、光潤也。

下略02:身を樂します者は久しからずして亡ぶ

  • 原文
    賢人之政、降人以體、聖人之政、降人以心。體降可以圖始、心降可以保終。降體以禮、降心以樂。所謂樂者、非金石絲竹也注2金石絲竹:明・劉寅《三略直解》所謂樂者非金石絲竹之類也、金鐘也、石磬也、絲琴瑟也、竹簫管也。。謂人樂其家、謂人樂其族、謂人樂其業、謂人樂其都邑、謂人樂其政令、謂人樂其道德。加此君人者、乃作樂以節之、使不失其和。故有德之君、以樂樂人、無德之君、以樂樂身。樂人者、久而長、樂身者不久而亡。
  • 書き下し
    賢人の政、人に降るに體を以てす、聖人の政、人に降るに心を以てす。體降るは以て始を圖るべく、心降るは以て終を保つべし。體を降すに禮を以てし、心を降すに樂を以てす。所謂樂とは、金石絲竹に非ざる也。人の其の家に樂しむを謂い、人の其の族に樂しむを謂い、人の其の業に樂しむを謂い、人の其の都邑に樂しむを謂い、人の其の政令に樂しむを謂い、人の其の道德に樂しむを謂う。此の如くして人に君たる者は、乃ち樂を作すを以て之を節し、其の和を失わざらしむ。故に有德の君は、樂を以て人を樂しませ、無德の君は、樂を以て身を樂します。人を樂します者は、久しくして長く、身を樂します者は久しからずして亡ぶ。
  • 現代語訳
  • 賢人の政治は、人を治めるのに自らをもって行い、聖人の政治は、人を治めるのに心で行うものです。

    自ら行えば根っこから計画することができ、心で行えば終始安定します。自ら行うのに礼をもって遇し、心で行うのに楽しみをもって遇することです。

    いわゆる楽というものは音楽のことではありません。家に集う楽しみ、親族の集う楽しみ、仕事の楽しみ、土地の楽しみ、規律に従う楽しみ、道徳に沿う楽しみのことを言うのです。このようなことを弁えた君主は、そこであらためて音楽を作り、人の和を保つのです。

    これはつまり、徳ある君主は音楽をもって人を楽しませることができるが、徳のない君主は音楽をもって自身を楽しませるということです。人を楽しませる者は地位を長く保ち、自身が楽しむものは地位を保てずに滅びます。

  • ひとくちヒント
    人を楽しませる者は長らえる
  • 語句解説
    金石絲竹
    ここでは金鐘(鐘楽器)・石磬(金属の打楽器)・絲琴瑟(弦楽器)・竹簫管(管楽器)の楽器のことを指します。/脚注2参照。

下略03:佚政に忠臣多く、労政に怨民多し

  • 原文
    釋近謀遠者、勞而無功。釋遠謀近者、佚而有終。佚政多忠臣、勞政多怨民。故曰、務廣地者荒、務廣德者強。能有其有者安、貪人之有者殘。殘滅之政、累世受患。造作過制、雖成必敗。舍己而教人者逆、正己而化人者順。逆者亂之招、順者治之要。道德仁義禮五者、一體也。道者人之所蹈注3道者:明・劉寅《三略直解》道者事物當然之理人之所踐行者也。、德者人之所得注4徳者:明・劉寅《三略直解》德者行道而有所得也。、仁者人之所親注5仁者:明・劉寅《三略直解》仁者愛之理親親仁民愛物皆人之所親但有厚薄之不同也。、義者人之所宜注6義者:明・劉寅《三略直解》義者處物而得其宜也。、禮者人之所體注7礼者:明・劉寅《三略直解》禮者節文度數人之所體而行之也。、不可無一焉。故夙興夜寐、禮之制也。討賊報讎、義之決也。惻隱之心、仁之發也。得己得人、德之路也。使人均平、不失其所、道之化也。
  • 書き下し
    近きを釋(す)てて遠きを謀る者は、勞して功なし。遠きを釋てて近きを謀る者は、佚して終あり。佚政に忠臣多く、勞政に怨民多し。故に曰く、務めて地を廣むる者は荒れ、務めて德を廣むる者は強し。能く其の有を有する者は安く、人の有を貪る者は殘(そこな)う。殘滅の政は、累世患いを受く。造作制に過ぐれば、成すと雖も必ず敗る。己を舍てて人を教うるは逆なり、己を正して人を化する者は順なり。逆は亂の招、順は治の要なり。道德仁義禮の五者は、一體なり。道は人の蹈む所なり、德は人の得る所なり、仁は人の親しむ所なり、義は人の宜しき所なり、禮は人の體する所なり、一なかるべからず。故に夙(つと)に興き夜に寐ぬるは、禮の制なり。討賊の讎(あだ)を報ずるは、義の決なり。惻隱の心は、仁の發なり。己に得て人を得るは、德の路なり。人をして均平にして、其の所を失わざらしむるは、道の化なり。
  • 現代語訳
  • 近いものを見ずに遠くのものを考える者は、疲れるだけで成功できません。遠くのものを見ずに近くのものを考える者は、かえって力が抜けて成功するものです。ゆったりした行政には忠臣が多く、慌ただしい行政では怨む民が多くなります。

    であれば、土地を拡大することに注力すれば政治は荒れ、徳を広めることに注力すれば国は強くなります。自分の土地を守れば安定し、他人の土地をむさぼれば問題が起きます。

    破滅的な政治をすれば、末代まで災いを被ります。軽々しく変化に過ぎれば、表面では成功したように見えても必ず失敗します。自分のことは棚に上げて、人のことを教育しようとしても出来ません。己を磨いて人を教化すれば順調に行きます。そうでなければ乱れを招き、そうであるのが治の要です。

    道德仁義礼の五つの要素は、本質的には一緒のものです。道は自然の理で、徳は体得するもので、仁は人が親しむもので、義は人が良しとするもので、礼は人がおこなうものです。このうちどれが欠けても完全ではありません。

    いうなれば、朝起きて夜寝るのは礼の取り決めです。賊を討って報復するのは義の決断です。思いやりの心は仁の発端です。自分が得たものを人に与えるのは徳の行いです。人に対して公平に接し、居場所を失わないのは道の教化です。

  • ひとくちヒント
    足元を大切に。人より自分をまず磨く。
  • 語句解説
    惻隱之心
    そくいんのこころ。思いやり、哀れみの心、同情。/《孟子・告子上》惻隱之心人皆有之~惻隱之心仁也。《孟子・公孫醜章句》惻隱之心仁之端也。

下略04:政立たずんば、則ち道通ぜず

  • 原文
    出君下臣、名曰命。施于竹帛、名曰令。奉而行之、名曰政。夫命失、則令不行、令不行、則政不立。政不立、則道不通。道不通、則邪臣勝、邪臣勝、則主威傷。
  • 書き下し
    君より出て臣に下る、名づけて命と曰う。竹帛に施す、名づけて令と曰う。奉じて之を行う、名づけて政と曰う。夫れ命失すれば、則ち令行われず、令行なわれざれば、則ち政立たず。政立たずんば、則ち道通ぜず。道通ぜざれば、則ち邪臣勝ち、邪臣勝てば、則ち主の威傷(やぶ)る。
  • 現代語訳
  • 君主が出したものを臣下にくだすことを、命と言います。竹符や帛書に書を施すことを、令と言います。それを奉じて実行に移すことを政と言います。命が失われたなら令が届かず、令が届かなければ政は行なわれません。政が行われなければ、無道となり、そうなれば邪な姦臣が力を強め、邪な姦臣が強ければ、すなわち主君を食い破ります。

  • ひとくちヒント
    命令は政治の基本

下略05:人を尚べば、下、力を盡くす

  • 原文
    千里迎賢其路遠、致不肖其路近。是以明王注8明王:武経本は明王。四庫全書は明君。舍近而取遠。故能全功。尚人而下盡力。廢一善則眾善衰、賞一惡則眾惡掃。善者得其佑、惡者受其誅、則國安而眾善至。眾疑無定國、眾惑無治民。疑定惑還、國乃可安。
  • 書き下し
    千里に賢を迎うるは其の路遠く、不肖を致すは其の路近し。是を以て明王は近を舍てて遠きを取る。故に能く功を全うす。人を尚(たっと)べば而して下力を盡くす。一善を廢すれば則ち眾善衰う、一惡を賞すれば則ち眾惡掃す。善者は其の佑を得、惡者は其の誅を受くれば、則ち國安くして眾善至る。眾疑えば國の定むるなく、眾惑えば民を治むるなし。疑い定まり惑い還りて、國乃ち安なるべし。
  • 現代語訳
  • 賢人を迎える道は遠く、愚者と遭遇する道は近いです。これをわきまえた明智ある君主は、妥協せずに労を惜しまず賢人を探すのです。だからこそ良く成功をおさめるのです。

    賢人を高貴なものとすれば、臣下は力を尽くすようになります。注意すべきは、誤ってひとつの善を退けた途端に、他の善のやる気を削ぐことになることです。また、ひとつの悪を賞した途端に、大勢の悪が集まってきます。

    善人は守り、悪人を退ければ、国が安定して沢山の善人があつまります。民衆が疑うようになると国は安定せず、民衆が惑うようになると統治は出来ません。疑いの状態を安定させ、惑いの状態から回復させれば、国は安定します。

  • ひとくちヒント
    賢人を用いれば国は安定する

下略06:一惡失えば則ち百惡結ぶ

  • 原文
    一令逆則百令失、一惡失則百惡結。故善施于順民、惡加于凶民、則令行而無怨。使怨治怨、是謂逆天。使讎治讎、其禍不救。治民使平、致平以清、則民得其所、而天下寧。犯上者尊、貪鄙者富、雖有聖主、不能致其治。犯上者誅、貪鄙者拘、則化行而眾惡消。
  • 書き下し
    一令逆えば則ち百令を失し、一惡失えば則ち百惡を結ぶ。故に善順民に施し、惡凶民に加うれば、則ち令行われて怨みなし。怨みをして怨みを治めしむ、是れ天に逆らうと謂う。讎をして讎を治めしむれば、其の禍救せず。民を治めて平ならしめ、平を致すに清を以てすれば、則ち民其の所を得、而して天下寧し。上を犯す者尊く、貪鄙なる者富めば、聖主ありと雖も、其の治を致す能わず。上を犯す者誅され、貪鄙なるもの者拘せらるれば、則ち化行われて眾惡消ゆ。
  • 現代語訳
  • ちょっとでも誤った命令を出せば、沢山の命令が無駄になり、ちょっとでも悪事を見逃せば、それで沢山の悪事が湧いてきます。ですから善なる従順な民には施しを与え、悪凶なる民に刑罰を加えれば、命令も実行されて怨むものがなくなります。

    怨まれているものが怨むものを治める、これを天道に背くと言います。仇なされている者が仇なす者を治めれば、その混乱は救いようがありません。民を統治するものが公平で、公平に行うのに清廉であれば、民は安定を得ることができ、そして天下安寧の世の中となるのです。

    上に背くものが高位につき、貪欲なものが富めば、聖人が君主となっても統治することは出来ません。上に背くものを罰し、貪欲なものを拘束すれば、それで教化は行われて諸悪は消滅します。

  • ひとくちヒント
    悪事はひろがる

下略07:明君、賢を求むるに必ず其の以す所を觀て致す

  • 原文
    清白之士、不可以爵祿得。節義之士、不可以威刑脅。故明君求賢、必觀其所以而致焉。致清白之士、修其禮、致節義之士、修其道。然後士可致、而名可保。夫聖人君子、明盛衰之源、通成敗之端、審治亂之機、知去就之節。雖窮不處亡國之位、雖貧不食亂邦之祿注9亂邦之祿:武経本は亂邦之祿。四庫全書は亂邦之粟。。潛名抱道者、時至而動、則極人臣之位。德合于己、則建殊絕之功。故其道高而名揚于後世。
  • 書き下し
    清白の士は、爵祿を以て得るべからず。節義の士は、威刑を以て脅かすべからず。故に明君賢を求むるに、必ず其の以(な)す所を觀て致す。清白の士を致すに、其の禮を修め、節義の士を致すに、其の道を修む。然る後に士致すべくして、名保つべし。夫れ聖人君子、盛衰の源を明らかにし、成敗の端に通じ、治亂の機を審(つまびら)かにし、去就の節を知る。窮すと雖も亡國の位に處らず、貧と雖も亂邦の祿を食まず。名を潛め道を抱く者は、時至りて動けば、則ち人臣の位を極む。德己に合すれば、則ち殊に絶なる功を建つ。故に其その道高くして名後世に揚がる。
  • 現代語訳
  • 清廉潔白の者は、地位やお金では心を掴めません。節度と義の者は、威圧と刑罰で脅すことは出来ません。ですから明智ある君主が賢者を求めるときは、必ずその人物の人柄を見て行動するのです。

    清廉潔白な人材を求めるときには、まず自身が礼を修め、節義の人材を求めるときには、まず自身が道に則して行動するのです。そのように自身が修めてから人材を求めるようにすれば、君主としての名を保つことができるのです。

    聖人君子というものは、ものごとの盛衰の本質を理解し、成功と失敗の発端を心得、治乱の機微を研究し、行動の節度を知っているものです。だからこそ困窮していても亡国には仕えませんし、貧窮していても乱れた国の世話にはならないのです。世を忍んで隠遁していても、時が来たと思えばたちまち招かれ、そして高位についてしまうものです。

    君主が徳を修めれば、すなわち類稀なる卓越した功績をたてることができます。そうなれば王道は順調に運び、名が後世にまで響くのです。

  • ひとくちヒント
    君主のとるべき道

下略08:兵は、不祥の器、天道之を惡み、已むを得ずして之を用う

  • 原文
    聖王之用兵、非樂之也、將以誅暴討亂也注10誅暴討亂:明・劉寅《三略直解》聖王之用兵非喜而好之也將以誅暴君討亂臣也。。夫以義誅不義、若決江河而溉爝火、臨不測而擠欲墜注11臨不測而擠欲墜:明・劉寅《三略直解》臨不測之淵而擠欲墜之人其克必矣。、其克必矣。所以優游恬淡而不進者、重傷人物也。夫兵者、不祥之器、天道惡之、不得已而用之。是天道也。夫人之在道、若魚之在水。得水而生、失水而死。故君子常懼而不敢失道。豪傑秉職、國威乃弱注12豪傑秉職、國威乃弱:明・劉寅《三略直解》豪傑之人秉持百官之職國之威勢乃衰弱而不振矣。、殺生在豪傑、國勢乃竭。豪傑低首、國乃可久。殺生在君、國乃可安。四民用虛、國乃無儲。四民用足、國乃安樂。
  • 書き下し
    聖王の用兵は、之を樂しむに非ざるなり、將に以て暴を誅し亂を討つもの也。夫れ義を以て不義を誅するは、江河を決して爝火に溉ぎ、不測に臨みて墜ちんと欲するを擠すがごとし。其の克や必せり。優游恬淡として進まざる所以の者は、人物を傷(そこな)うを重ずれば也。夫れ兵は、不祥の器、天道之を惡み、已むを得ずして之を用う。是れ天道なり。夫れ人の道に在るは、魚の水に在るがごとし。水を得て生き、水を失いて死す。故に君子は常に懼れ敢えて道を失わず。豪傑職を秉(と)れば、國威乃ち弱し、殺生豪傑に在れば、國勢乃ち竭く。豪傑首を低(た)るれば、國乃ち久すべし。殺生君に在れば、國乃ち安なるべし。四民の用虛しければ、國乃ち儲(たくわ)えなし。四民の用足れば、國乃ち安樂なり。
  • 現代語訳
  • 聖王の用兵は、好んで行うものではありません。世の暴君や乱臣を討伐するものです。

    義をもって不義を誅伐しようとするのは、大河の水を流し込んで小さな火を消し、深海に落ちることを望む者を突き落とすような、そんな簡単なことです。必ず勝ちます。それでも余裕があって敢えて行わないのは、人を傷つけることを重くみるからです。

    そもそも戦とは災いのもとです。天の道としても忌む所です。ですから戦はやむを得ない場合にのみ行うもの、これが天道です。

    道と人の関係は、水と魚に例えることが出来ます。水があるから魚は生き、水がなければ魚は死にます。だから君子は常に自分を戒め、そのようにして道を踏み外さないようにするのです。

    豪傑が要職につけば、豪傑の力が強まり国威は弱まります。生殺与奪の権力を豪傑が握れば、国威は無くなります。豪傑の力を低く抑えれば、國は長らえることが出来ます。生殺与奪の権力を君主が握るなら、国は安泰です。

    国中の民の暮らしが行き詰まれば、国は空っぽになり、国民の暮らしが豊かになれば、国も安泰です。

  • ひとくちヒント
    天道をとれば国は安泰
  • 語句解説
    爝火
    しゃっか。灯火、ちいさな火。/《莊子・逍遙遊》日月出矣、而爝火不息、其於光也、不亦難乎。→成玄英疏:爝火、猶炬火也、亦小火也。
  • 語句解説
    不測
    ふそく。ここでは深淵・深い海と解釈します。/《續資治通鑑・元泰定帝泰定三年》京師恃東南海運、實竭民力以航不測、非所以寬遠人而因地利也。|脚注11参照。
  • 語句解説
    優游恬淡
    ゆうゆうてんたん。優游はノビノビしているさま、恬淡は淡白であっさりしているさま。総合すると平静として余裕のあるさま。/《老子・三十一章》恬淡為上、勝而不美。

下略09:一を去りて百を利すれば、人、乃ち澤を慕う

  • 原文
    賢臣內、則邪臣外。邪臣內、則賢臣斃。內外失宜、禍亂傳世。大臣疑主、眾姦集聚。臣當君尊、上下乃昏。君當臣處、上下失序。傷賢者、殃及三世。蔽賢者、身受其害。嫉賢者、其名不全。進賢者、福流子孫。故君子急于進賢、而美名彰焉。利一害百、民去城郭。利一害萬、國乃思散。去一利百、人乃慕澤。去一利萬、政乃不亂。
  • 書き下し
    賢臣內なれば、則ち邪臣は外なり。邪臣內なれば、則ち賢臣斃(たお)る。內外の宜失えば、禍亂世に傳わる。大臣主を疑えば、眾姦集聚す。臣君の尊に當たれば、上下乃ち昏し。君臣の處に當れば、上下の序を失う。賢を傷(そこな)う者は、殃(わざわい)三世に及ぶ。賢を蔽(おお)う者は、身其の害を受く。賢を嫉む者は、其の名を全とうせず。賢を進む者は、福子孫に流る。故に君子賢を進むるに急にし、而して美名彰(あらわ)る。一を利して百を害すれば、民城郭を去る。一を利して萬を害すれば、國乃ち散ずるを思う。一を去りて百を利すれば、人乃ち澤を慕う。一を去りて萬を利すれば、政乃ち亂れず。
  • 現代語訳
  • 賢臣が要職にあれば、邪臣は外へ追いやられます。邪臣が要職にあれば、賢臣は退けられます。政治に秩序が失われれば、その災いと乱れは世に広まります。

    大臣が主君を疑えば、多くの姦臣が集まります。臣下の力が君主の力に匹敵するようになると、上下の関係に暗雲が立ち込めます。臣下の力が君主の力を凌ぐようになると、上下の秩序が失われます。

    賢者を害する者は、その災いは三代に及びます。賢者の動きを封じる者は、その害が自身に及びます。賢者に嫉妬する者は、名声が損なわれます。賢者を推す者は、その福が孫子(まごこ)に及びます。ですから君子は賢者を推挙するのに性急に行い、そして名声を高めるのです。

    一つの利のために百の害を呼び込めば、民は去ります。一つの利のために万の害を呼び込めば、国の滅亡が囁かれます。一つの害を退けて百の利を呼び込めば、人はその大徳を慕います。一つの害を退けて万の利を呼び込めば、政治は乱れようもありません。

  • ひとくちヒント
    ひとつの害を取り去れば、沢山の利を呼び込める

《三略》以上。

関連 《三略》上略

関連 《三略》中略

関連 《三略》下略

脚注

■脚注リスト(本文ボタンで該当箇所にジャンプ)   [ + ]

1. :明・劉寅《三略直解》故德澤及於人民則賢人來歸之德澤及於昆蟲則聖人來歸之。
2. 金石絲竹:明・劉寅《三略直解》所謂樂者非金石絲竹之類也、金鐘也、石磬也、絲琴瑟也、竹簫管也。
3. 道者:明・劉寅《三略直解》道者事物當然之理人之所踐行者也。
4. 徳者:明・劉寅《三略直解》德者行道而有所得也。
5. 仁者:明・劉寅《三略直解》仁者愛之理親親仁民愛物皆人之所親但有厚薄之不同也。
6. 義者:明・劉寅《三略直解》義者處物而得其宜也。
7. 礼者:明・劉寅《三略直解》禮者節文度數人之所體而行之也。
8. 明王:武経本は明王。四庫全書は明君。
9. 亂邦之祿:武経本は亂邦之祿。四庫全書は亂邦之粟。
10. 誅暴討亂:明・劉寅《三略直解》聖王之用兵非喜而好之也將以誅暴君討亂臣也。
11. 臨不測而擠欲墜:明・劉寅《三略直解》臨不測之淵而擠欲墜之人其克必矣。
12. 豪傑秉職、國威乃弱:明・劉寅《三略直解》豪傑之人秉持百官之職國之威勢乃衰弱而不振矣。