孫子兵法 謀攻篇(活用と教養のためのヒント)+曹操注

こちらは孫子兵法「謀攻篇」の訳文および解説文です。まとめ・雑学・解釈の出典がわかる補足つきです。

※関連:いますぐ全訳をまとめてチェックしたい方はこちら「孫子全訳」

※関連:太平御覧の孫子シリーズ

※関連:孫子の作者の孫武の伝記

※関連:孫子兵法の使い方と魅力

※関連:十一家注孫子(十家注孫子)注釈者11名の人物紹介

ラベルの説明を見る
参考書籍

孫子兵法 謀攻編(巻上)

謀攻篇ではおもに戦わずして勝つことの大切さについて語られます。宋本十一家注孫子では計篇・作戦篇・謀攻篇・形篇までの4篇が上巻に分類されています。

百戦百勝は善の善なる者に非ず

百戦百勝は善の善なる者に非ず 解説画像

準備につとめて有利・余裕・充実した状態をつくれば戦わずして勝つこともできる

孫子曰、凡用兵之法、全國爲上、破國次之、全軍爲上、破軍次之、全旅爲上、破旅次之、全卒爲上、破卒次之、全伍爲上、破伍次之。是故百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也。

孫子曰く、およそ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ、軍を全うするを上と為して、軍を破るはこれに次ぐ、旅(旅団)を全うするを上と為して、旅を破るはこれに次ぐ、卒(大隊)を全うするを上と為して、卒を破るはこれに次ぐ、伍(小隊)を全うするを上と為して、伍を破るはこれに次ぐ。是の故に百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり、戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり。

 要約 【まとめ】被害を出さないのが最上で、撃破するのは二の次です。戦って勝つよりも戦わずして勝つことが最上です。

 活用 【活用ヒント】戦って勝つ前に、戦わずして勝つことを考えよう。

 教養 ※謀攻編=篇名は「宋本十一家注孫子」では謀攻篇、「武経七書」系の孫子では謀攻第三、仙台藩の儒学者・櫻田景迪の校「古文孫子」では攻篇第三、銀雀山漢墓の竹簡孫子では勢篇の内容が三番目に配置され、謀攻篇は四番目になっているのが特徴です。篇名部分は欠損していて篇名は不明です。

※軍・旅・卒・伍=軍は12500人の兵団(曹操・杜牧・張預の注・司馬法参照)。旅は500人の兵団(曹操・張預の注)。卒は100人ほどの兵団(曹操・杜牧・張預の注)あるいは100~500人の兵団(李筌の注)。伍は100以下から5人の兵団(曹操・李筌の注)あるいは5人の兵団(杜牧・張預の注)。これらは周の軍制による編成単位という(張預の注)。

上兵は謀を伐つ

故上兵伐謀、其次伐交、其次伐兵、其下攻城、攻城之法、爲不得已。修櫓轒輼、具器械、三月而後成、距闉、又三月而後已。將不勝其忿而蟻附之、殺士三分之一、而城不拔者、此攻之災也。故善用兵者、屈人之兵、而非戰也、拔人之城而非攻也、毀人之國而非久也。必以全爭於天下、故兵不頓而利可全、此謀攻之法也。

故に上兵は謀を伐ち、其の次は交を伐ち、其の次は兵を伐ち、其の下は城を攻め、攻城の法は、やむを得ざるが為なり。櫓(大盾)轒輼(攻城車)を修め(整え)、器械を具い(準備し)、三月にして後に成る(三月用意してようやく動くことができ)、距闉(土塁)また三月にして後に已む(準備が終わる)。将其のいきどおりに勝えずしてこれに蟻附すれば(大挙して攻めれば)、士を殺すこと三分の一にして城を抜かざるは、これ攻の災なり。故に善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも、戦うに非ざるなり。人の城を抜くも、攻むるに非ざるなり。人の国を毀る(破る)も、久しき(長期戦)に非ざるなり。必ず全うするを以て天下に争い、故に兵頓れず(疲れず)して、利を全うすべし。此れ謀攻の法なり。

 要約 【まとめ】敵と直接あたらない内に勝つのが最善です。行動をおこせば疲れ被害は免れないものです。

 活用 【活用ヒント】戦技にたよらず戦略で勝つことをまず考えよう。

 教養 ※上兵は謀を伐ち=最上の軍事は敵のはかりごとを破る。

※交を伐ち=敵将の連携を崩すこと(曹操の注)。曹操は韓遂と馬超を離間させて退けた(杜牧の注)。国の外交の連携を崩すこと(孟氏の注)。

※櫓・轒輼(ふんおん)=櫓は大盾のこと(曹操・張預の注)櫓は長盾のこと(杜佑の注)。轒輼は四輪車のことでその中に入って城を攻める攻城兵器(曹操らの注)。

※器械を具い=器械は攻城兵器のこと(もろもろの注)。具とは備えること(曹操の注)

※距闉(きょいん)=土塁のこと(曹操らの注)。物見や連絡用の出城・やぐらのこと(李筌らの注)

※蟻附(ぎふ)=アリのように大挙して攻めるさま(曹操・李筌の注)。似た言葉に蛾傳(がふ)という熟語があって《墨子・備蛾傳》に登場しています。「子問蛾傳之守邪、蛾傳者、將之忿也。」訳:あなたは蛾がむらがるように守備することを問うのか、蛾傳というものは、将の忽(粗忽)をあらわすのだ。

関連:上兵は謀を伐つ(孫子のことばの意味と解説)

小敵の堅は、大敵の擒なり

故用兵之法、十則圍之、五則攻之、倍則分之、敵則能戰之、少則能逃之、不若則能避之。故小敵之堅、大敵之擒也。

故に用兵の法は、十(10倍)なれば即ちこれを囲み、五(5倍)なれば即ちこれを攻め、倍(2倍)なれば即ちこれを分かち、敵(匹敵)すれば即ちこれと戦い、少なければ即ち能くこれを逃れ、若かざれば即ち能くこれを避く。故に小敵の堅(堅忍・意固地)は、大敵の擒(とりこ・エサ)なり。

 要約 【まとめ】用兵は優勢なら包囲・攻め、劣勢ならば避けるものです。

 活用 【活用ヒント】力が同じなら戦いは数。

 教養 ※堅=ここでは堅忍して戦い、逃げも避けもしない様をさし、ゆえに大勢のとりこになる(杜牧・梅堯臣らの注)

輔、周なれば即ち国必ず強く、輔、隙あれば即ち国必ず弱し

夫將者、國之輔也、輔周則國必強、輔隙則國必弱。故君之所以患於軍者三、不知軍之不可以進、而謂之進、不知軍之不可以退、而謂之退、是謂縻軍。不知三軍之事、而同三軍之政者、則軍士惑矣。不知三軍之權、而同三軍之任、則軍士疑矣。三軍既惑且疑、則諸侯之難至矣、是謂亂軍引勝。

夫れ将は国の輔(たすけ)なり、輔、周(親密・連携または有能)なれば即ち国必ず強く、輔、隙(関係にスキまたは不才)あらば即ち国必ず弱し。故に君の軍に患うる所以の者(君主が軍について心配すること)に三あり。軍の進むべからざるを知らずして、これに進めといい、軍の退くべからざるを知らずして、これに退けという、このようなことを軍を縻す(制御・不自由・腐らす)という。三軍(軍隊)の事を知らずして三軍の政を同じうすれば、即ち軍士は惑う。三軍の権を知らずして三軍の任を同じうすれば、即ち軍士疑い、三軍既に惑い且つ疑うとき、即ち諸侯の難に至る。是れを軍を乱して勝を引く(勝ちを取り去る)という。

 要約 【まとめ】有能な将軍に任せたら、君主は口出ししないことです。口を出せば軍を乱すことになり勝ちを失います。

 活用 【活用ヒント】信頼あるものに権限を任せたら口を挟まず、ペースを乱さないようにしよう。

 教養 ※周=将の周が密なれば~:解釈=親密や連携(曹操の注より)周は才あること(杜牧・何氏の注)

※周密=シュウミツ。注意のゆきとどいていること。《漢書・宣帝紀》→樞機周密にして、品式備具す。

※隙=欠くこと(李筌の注)不才のこと(杜牧の注)。関係にスキが有ること。※縻=御のこと(曹操らの注)絆のこと(李筌らの注)。つなぎとめて不自由にすること(杜牧の注)

彼を知り己を知らば、百戦して殆うからず

彼を知り己を知らば、百戦して殆うからず 解説画像

相手を知れば効率的に動きやすい

故知勝者有五、知可以戰與不可以戰者勝、識衆寡之用者勝、上下同欲者勝、以虞待不虞者勝、將能而君不御者勝。此五者、知勝之道也、故曰、知彼知己者、百戰不殆、不知彼而知己、一勝一負、不知彼不知己、毎戰必殆。

故に勝を知るに五あり。戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝ち、衆寡(大勢と小勢)の用を識る者は勝ち、上下(君臣)の欲を同じくする者は勝ち、虞(はかる・備えが有る)を以て不虞を持つ者は勝ち、将能にして君御せざる者は勝つ(有能な将に主君は邪魔をしない)。この五者は勝を知る道なり。故に曰く、彼を知り己を知れば、百戦して殆う(危う)からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし。

 要約 【まとめ】戦機を知り、用兵を知り、思いを同じくし、備え整え、君が優将を御さなければ百戦してあやうからず。

 活用 【活用ヒント】格言参照。

 格言 【格言】彼を知り己を知らば、百戦して殆うからず(知彼知己者百戰不殆)敵情と身内のことを知ってよく判断できるなら、何度たたかっても危険は無い。

 教養 ※上下=ここでは君臣のこと(曹操らの注)

※虞=備えがあること(李筌・杜牧の注)。度・はかること(孟氏・杜佑の注)。

※故曰知彼知己者百戰不殆=銀雀山漢墓の竹簡孫子では「【欠損部】故兵知皮知己百戰不【欠損部】」(皮は彼と解釈)となっています。十一家注本の「故曰」では「百戦して殆うからず」の言葉を誰かの言葉として引用しているかたちにも取ることができるのに対して、竹簡孫子の「故兵」では「百戦して殆うからず」の言葉を孫子自身の言葉として使っていると強く解釈できるようになっています。

曹操注(魏武注)本文と訳

関連:上兵は謀を伐つ(孫子のことばの意味と解説) こちらでは曹操注のほか十一家の注も見ることができます。

謀攻篇
※ 曹操曰、欲攻敵、必先謀。

曹操曰く、敵を攻めんと欲すなら、必ず先に謀るものである。

孫子曰、凡用兵之法、全國爲上、破國次之、
※ 曹操曰、興師深入長驅、距其城郭、絶其内外、敵舉國來服爲上。以兵撃破、敗而得之、其次也。

曹操曰く、軍を興して深く進入し長駆するとき、その城郭をふせぎ、その内外から絶ち、敵が国を挙げて降伏するなら最上である。兵をもって撃破し、破ってこれを得るのは次善の策である。

 教養 ※驅=駆。※舉=挙。

全軍爲上、破軍次之、
※ 曹操、杜牧曰、司馬法曰、一萬二千五百人爲軍。

曹操と杜牧曰く、司馬法に曰く、一軍は12500人。

全旅爲上、破旅次之、
※ 曹操曰、五百人爲旅。

曹操曰く、旅(旅団)は500人。

全卒爲上、破卒次之、
※ 曹操曰、一校已下至一百人也。

曹操曰く、一校(校尉)以下が指揮する100人である。

全伍爲上、破伍次之。
※ 曹操曰、百人已下至五人。

曹操曰く、100人以下から5人。

是故百戰百勝、非善之善者也、
※ 曹操曰、未戰而戰自屈、勝善也。

曹操曰く、いまだ戦わずして戦い(敵が)自ら屈(屈服)してくるのが最善の勝ちである。

不戰而屈人之兵、善之善者也。
※ 曹操曰、未戰而敵自屈服。

曹操曰く、いまだ戦わずして敵が自ら屈服してくる。

故上兵伐謀、
※ 曹操曰、敵始有謀、伐之易也。

曹操曰く、敵に事前に謀があれば、これを破るのは易しい。

其次伐交、
※ 曹操曰、交、將合也。

曹操曰く、交とは将の合をさすのである。(将の親密・連携の意)

其次伐兵、
※ 曹操曰、兵形已成也。

曹操曰く、兵は形してから成すものである。(準備してから行動するの意)

其下攻城、
※ 曹操曰、敵國已收其外糧城守、攻之爲下政也。

曹操曰く、敵国がその外から糧をあつめ城を守るとき、これを攻めるのは下策である。

修櫓轒輼、具器械、三月而後成、距闉、又三月而後已。
※ 曹操曰、修、治也。櫓、大楯也。轒輼車、轒牀也。轒牀其下四輪、從中推之至城下也。具、備也。器械者、機關攻守之總名、飛樓、雲梯之屬。距闉者、踴土積高而前、以附其城也。

曹操曰く、修とは治めることである。櫓とは大楯である。轒輼車とは、轒牀(城門破壊の突撃戦車)である。轒牀は下に四輪をつけ、従者が中からこれを推進させ城のもとに到達させるものである。具とは備えることである。器械とは、攻守にもちいる機関(しかけ・からくり)の総称である。飛樓(塔楼車・背の高い移動楼から場内に飛び込む)は雲梯(城壁をのぼる折りたたみハシゴを備えた戦車)の兵器類に属する。距闉とは、土を高く積んでそれに登り前方に積み重ね、それを以て城壁にはりつくものである。

 教養 ※從=従。ここでは従者。※關=関。※總=総。※樓=楼。ここではやぐらの意味にとります。※屬=属。※踴=踊。ここではのぼる意味にとります。

將不勝其忿而蟻附之、殺士三分之一、而城不拔者、此攻之災也。
※ 曹操曰、將忿、不待攻器成、而使士卒?城而上、如蟻之緣牆、必殺傷士卒也。

曹操曰く、将が忿(憤る)とは、攻城兵器が整うのを待たずして、士卒を城のふちまで進めてのぼらせ、蟻の如く垣根にあつめ、士卒に必ず殺傷被害をもたらすものである。

 教養 ※緣=縁。ふち、ここでは外縁。※牆=垣。かきね、塀など。

毀人之國而非久也。
※ 曹操曰、毀滅人國、不久露師也。

曹操曰く、人(敵)を破り滅ぼすのは国であり、久しく師(軍)をあらわにしないものである

 教養 ※毀=破。

必以全爭於天下、故兵不頓而利可全、此謀攻之法也。
※ 曹操曰、不與敵戰、而必完全得之、立勝於天下、不頓兵血刃也。

曹操曰く、敵が戦を興さずして、必ずや完全にこれを得れば、天下に勝ちを立(称)したとして、兵を頓(疲れ・破れ)することなく血で刃をけがすこともない。

故用兵之法、十則圍之、
※ 曹操曰、以十敵一則圍之、是將智勇等而兵利鈍均也、若主弱客強、不用十也。操所以倍兵圍下邳生擒呂布也。

曹操曰く、十をもって一の敵を囲むの則は、将の智勇が等しく兵の利器(兵器)と士気が均しい場合をさしており、もし客(敵)が弱く主(味方)が強ければ、十は不用である。わたくし曹操が二倍の兵力で下邳城を囲み呂布を生擒(いけどり)にした所以である。

 教養 ※圍=囲。※操=ここでは注者である曹操自身をさします。

五則攻之、
※ 曹操曰、以五敵一、則三術爲正、二術爲奇。

曹操曰く、五をもって一と敵(敵対)するとき、すなわち(五のうち)三を正攻法の術(手段)とし、二を奇の術とする。

倍則分之、
※ 曹操曰、以二敵一、則一術爲正、一術爲奇。

曹操曰く、二をもって一と敵(敵対)するとき、すなわち(二のうち)一を正攻法の術(手段)とし、一を奇の術とする。

敵則能戰之、
※ 曹操曰、己與敵人衆等、善者猶當設伏奇以勝之。

曹操曰く、己と敵に与する(味方する)人衆が等しいとき、善者は伏兵を設置するなどして当り奇を以てこれに勝つ。

 教養 ※與=与。※當=当。

少則能逃之、
※ 曹操曰、高壁堅壘、勿與戰也。

曹操曰く、塁(砦)堅く壁高いとき、戦いに与しない(あずからない・関与しない)ものである。

 教養 ※壘=塁。とりで。

不若則能避之。
※ 曹操曰、引兵避之也。

曹操曰く、兵を引きこれを避けるものである。

故小敵之堅、大敵之擒也。
※ 曹操曰、小不能當大也。

曹操曰く、小で大にあたるあたわず。(小で大にあたってはいけないの意)

夫將者、國之輔也、輔周則國必強、
※ 曹操曰、將周密、謀不泄也。

曹操曰く、将の周(連携)が密であるとき、泄(泄漏・もれる)することなく謀ることができる。

輔隙則國必弱。
※ 曹操曰、形見於外也。

曹操曰く、外に形を見(露見)するものである。(内情を露見するの意)

不知軍之不可以進、而謂之進、不知軍之不可以退、而謂之退、是謂縻軍。
※ 曹操曰、縻、御也。

曹操曰く、縻とは御である。(しばる・コントロールの意)

 教養 ※縻=つなぐの意。

不知三軍之事、而同三軍之政者、則軍士惑矣。
※ 曹操曰、「軍容不人國、國容不人軍」、禮不可以治兵也。

曹操曰く、「軍は国人の容(うつわ・やさしい)でなく、国は軍人の容ではない」(軍は文人の本分でなく、政治は軍人の本分ではない)とは、礼(儀式・礼義・礼譲)で兵を治めることができないことである。

 教養 ※禮=礼。

不知三軍之權、而同三軍之任、則軍士疑矣。
※ 曹操曰、不得其人也。

曹操曰く、その人を得ぬものである。

三軍既惑且疑、則諸侯之難至矣、是謂亂軍引勝。
※ 曹操曰、引、奪也。

曹操曰く、引とは奪うことである。

上下同欲者勝、
※ 曹操曰、君臣同欲。

曹操曰く、君臣と欲をおなじくするものである。

將能而君不御者勝。
※ 曹操曰、司馬法曰「進退惟時、無曰寡人」也。

曹操曰く、司馬法曰く「進退をおもうとき、寡人(徳のない人)のいわれ無し」である。

此五者、知勝之道也。
※ 曹操曰、此上五事也。

曹操曰く、これは上の五事である。

(4、形篇につづく)