本文 アーカイブ - 古典ぱん

Tagged
【士卒の愛撫について】太平御覧の孫子注3《太平御覽・兵部十一・撫士上》より【訳】
※驕子=キョウシ。ここでは驕れる子、気ままな子、またはじゃじゃ馬な暴れん坊で手のつけられない子と解釈。《字彙》→驕は傲る(おごる)なり。自ら矜る(ほこる)なり。《字彙》→驕は逸なり。恣(ほしいまま)なり。《老子...
【将帥について】太平御覧の孫子注2《太平御覽・兵部三・將帥上》より【訳】
今回はそのなかの《孫子》についての記述を抽出してご紹介します。「兵部三・將帥上」では【将帥】をテーマに孫子の記述が抽出されています。五事とよばれる智・信・仁・勇・厳は、《十一家注孫子》の曹操注では「よい将に備わ...
孟氏解孫子の孟氏の伝記と著書リスト(隋書・旧唐書・新唐書・郡齋讀書志)より
梁有の記述から《孟氏解詁》が南北朝の梁に存在していた書であることがわかります。これは孟氏が梁代、もしくはそれ以前の人であることを匂わせるものです。一方《郡齋讀書志》目録からは孟氏が唐代の人と解釈できる記述があり...
【兵について】太平御覧の孫子注1《太平御覽・兵部一・敘兵上》より【訳】
太平御覽(たいへいぎょらん)の孫子と注釈を、訳と補足を附して紹介します。太平御覽の内容はテーマ別のオススメ本・オススメ格言を紹介した「まとめ記事」といえます。太平御覽の魅力は、「検索・索引として便利」で、現代に...
李筌の伝記と著書リスト(雲溪友議・太平御覧・太平広記ほか)より
李筌(りせん)の伝記を《雲溪友議》《太平御覧》《太平広記》《郡齋讀書志》《神機制敵太白陰經・序》などから抽出して紹介します。加えて李筌が関わった著書リストも紹介。李林甫に官職を追われるリアルなエピソードから、驪...
拙速と神速あれこれ(孫子名言の意味と解説)
拙速を引いた言葉に「兵は拙速を尊ぶ」という言い回しも見ることができますが、「尊ぶ」とは尊敬する意味、重んじる・大切にする意味の「貴ぶ」「尚ぶ」とは別物です。拙なるものを尊ぶというのは、なかなかの変態さんです。変...
上兵は謀を伐つ(孫子名言の意味と解説)
※意味:上等な用兵はまず敵の謀を破る。※解釈:直接対決にて大きな被害が発生する前に、少ない労力で勝つことが大切。※曹操曰く、始めに敵の謀あらば、これを伐つに易し。※梅堯臣曰く、智を以て勝つ。※王晳曰く、智を以て...
兵は国の大事(孫子名言の意味と解説)
孫子の言葉「兵は国の大事」の意味・活用ヒント・十一家の注釈を紹介します。名言の意味、名言の出典、活用のヒント、解釈の云われが分かります。孫子兵法を読むと、いちばん最初にあらわれる言葉が「兵は国の大事」です。ここ...
孫子兵法 虚実篇(活用と教養のためのヒント)+曹操注
曹操注「曹操曰く、兵に常勢無しとは、盈縮(満たすことと縮まること。変移の意)を敵に隨うことなり(敵に対応して行動を決めることである)」※盈縮=満ちるさまと縮小のさま。盛衰や進退のような変移をあらわす言葉です。こ...
孫子兵法 勢篇(活用と教養のためのヒント)+曹操注
※奇正=...唐太宗(李世民)いわく「奇を以て正を為すは、敵の視るを以て正と為らしめ、すなわち吾れ奇を以てこれを撃つ。正を以て奇を為すは、敵の視るを以て奇と為らしめ、すなわち吾れ正を以てこれを撃つ。一法(ひとつ...